神経を抜く治療法について

歯と歯茎のトラブルについて

MENU

神経を抜く治療法について

神経を抜く治療を行うときは、治療にもかなりの時間を要します。
一度の治療で終了しないことが多く何度か通って治療を終わらせるケースがほとんどです。
神経を抜く治療では実際にどのような治療が行われているのでしょうか。

 

まず神経を抜いた根の中に細菌が入らないようにしています。
歯の神経を抜く時に唾液などが根の中に入ってしまうことで、
それが治療後の痛みや膿を出す原因になってしまうことがあります。
そこでラバーダムやズーというものを使用して唾液などの細菌が根の中に入らないようにしっかりと治療するのです。
歯の神経ですが個人差があり、人によって本数や太さなどが異なります。
神経を抜く時はそのすべてを抜いておかないとそれが後になって痛みなどのトラブルを引き起こす原因となってしまうのです。

 

そこで取り残しのないようにしっかりと神経を抜いて消毒しておく必要があります。
根の中の形を整える治療も行っています。歯の神経の管はさまざまな形をしていて、
複雑な形状をしています。
これを全てきれいに消毒するのは至難の業ですから、
消毒しやすい形に整えて根の中が消毒しやすいようにする、
薬が入りやすいようにする必要があります。
薬を入れて神経を抜いた後の歯を感染させないような治療を行います。
神経を抜いてしまった後の歯は再感染しやすいため、
消毒をしっかりとしてその上からゴムのような密閉性の高い薬を用いることによって、
神経を抜いた部分が空気に触れにくいようにするのです。
隙間を作らないことで再感染をしっかり防止します。

 

川崎の歯医者ならオーラルデンタルクリニック川崎

関連ページ

虫歯の原因と治療法
虫歯の原因と治療法
虫歯の度合い
虫歯の度合い
神経の持つ役割とは
神経の持つ役割とは
神経を抜く必要がある症状とは
神経を抜く必要がある症状とは