歯茎の変色・プロのケア

歯と歯茎のトラブルについて

MENU

歯茎の変色・プロのケア

歯茎が変色した場合、セルフケアの方法として歯茎マッサージが効果的だと言われています。
ですが歯茎の変色具合が悪化すると、歯茎マッサージだけで、歯茎を健康的なピンク色に戻す事は難しいと言えます。
セルフケアで効果がなかった場合に、歯科医院で行っているプロのケア方法を紹介します。

 

まず「ガムピーリング」と呼ばれる方法があります。
ガムピーリングとは、歯茎が変色した部分に、フェノール薬液を塗り、消毒用のアルコールで中和させます。
そうすると、1週間前後で、黒ずみがはがれ、新しいピンク色の歯茎に生まれ変わります。

 

少しヒリヒリする事がありますが、治療中は表面麻酔を行うので、痛みはほとんどありません。
ただしガムピーリングを行うためには、虫歯や歯周病がない健康的な歯と歯茎である事が前提となります。
そのため虫歯や歯周病がある人は、まずその治療を終わらせてからガムピーリングを行って下さい。

 

さらに悪化した黒ずみだと、ガムピーリングでも効果がない可能性があります。
その場合は歯科用のレーザーを照射する事で、歯茎の変色の改善を行います。
ただレーザー治療は、1度ではあまり効果が実感出来ないため、数回行う必要があります。

 

また歯茎の健康を保つためには、歯垢や歯石をキレイに取り除く必要があります。
日々のブラッシングだけでは、歯垢を取り除けても、歯石はなかなか取り除く事が出来ません。
そのため歯茎ケアとして、定期的に歯のクリーニングを行い、キレイに歯石を除去してもらいましょう。

 

マークスタワーデンタルクリニックhttp://www.cosmedental.net/

 

歯茎の変色の原因が、差し歯や被せモノの治療で用いた金属の場合は、金属イオンが発生している事が原因です。
この場合は金属を取り除かなければ、根本的な解決とはなりません。
保険は適用されませんが、自分の歯を見分けがつかないぐらい自然な白色で、高強度のセラミックという素材があります。
審美的にもキレイになるので、この機会に差し歯や被せモノの素材を交換する事をお勧めします。

関連ページ

歯茎が変色・セルフケア
歯茎が変色・セルフケア
歯茎のトラブル・出血について
歯茎のトラブル・出血について
根管治療とは
根管治療とは