神経の持つ役割とは

歯と歯茎のトラブルについて

MENU

神経の持つ役割とは

虫歯がすすんできて神経の部分にまで達してしまうと、
神経を抜く治療法を施されるのが一般的です。
神経に到達するほどの虫歯はかなり痛みも強く出てしまうため、
神経を抜くことで痛みの緩和が期待できます。

 

しかしながら神経を抜いてしまうことによって出てくるデメリットもあるのです。
それは神経が歯にとって非常に大切な働きを担っているからです。
まず神経が存在することによって、私たちは歯が虫歯に侵食されていることに気が付くのです。
神経があることで冷たい物や熱い物がしみると感じられます。
ところがその神経を抜いてしまうと、万が一虫歯になってしまったときも、
痛みを感じませんのでその歯が虫歯になってしまたったことに気が付くのが遅れてしまうのです。
最悪の場合は虫歯がかなり進行してしまって、抜歯することになります。

 

また神経は歯を虫歯から守る働きにもなっています。
虫歯ができると歯を硬くしてこれ以上虫歯進行しないようにしてくれたり、
歯の一部を作ったりしてくれているのです。
この機能が失われてしまうと虫歯の進行も早くなってしまうのです。
歯の強度を保ってくれているのも神経の働きによるものです。
歯の神経周辺には血液もとおってこの血液から歯に水分などが供給されているのです。
神経を抜くと血液や水分の量が減少してしまって、
歯の強度ももろくなってしまい割れやすくなってしまうのです。
さらには知覚過敏や歯に違和感を覚えた時に、
歯に異常が起こっていることを知らせてくれるのも神経の働きによるものです。

 

痛みの少ない歯科治療の提案をしてくれる病院で行く際には予約がおすすめです。

関連ページ

虫歯の原因と治療法
虫歯の原因と治療法
虫歯の度合い
虫歯の度合い
神経を抜く必要がある症状とは
神経を抜く必要がある症状とは
神経を抜く治療法について
神経を抜く治療法について