歯周ポケットの深さと対処法

歯と歯茎のトラブルについて

MENU

歯周ポケットの深さと対処法

歯茎は、歯と骨に付着する上皮性の粘膜です。
そして歯茎の役割は、歯を支える歯槽骨と歯と歯槽骨の間にある歯根膜を保護する事です。

 

つまり歯茎は細菌などの外的から、歯や骨を守っているので、歯茎にトラブルが発生すると、歯や骨にもトラブルは派生してしまうと言えます。

 

健康的な歯茎であれば、歯と辺縁歯肉の隙間の歯肉溝は2mm以下の深さを維持しています。
しかし、歯茎のトラブルで炎症が生じて出血や腫れてしまうと、歯肉溝にプラークが溜まるようになります。
プラークが原因で、歯肉溝の深さは3mm以上になってしまい、歯周ポケットと呼ばれるようになってしまいます。

 

 

 

炎症が歯周病、歯槽膿漏と症状が悪化するに従い、歯周ポケットもどんどん深くなり、4mmを超えてしまいます。
歯周ポケットの深さによって、症状の度合いが分かると言えます。

 

歯周ポケットが深くなると、歯の支えが脆くなるため、歯がグラグラしたり、最終的には抜けてしまったりと歯を失う事になってしまいます。

 

ただ歯周ポケットがどれぐらいの深さになっているのか、自分で判断する事は不可能です。
そのためブラッシングの際に出血しやすい、歯茎の腫れ、知覚過敏などの症状が起こると要注意です。

 

歯科医院で「ポケット探針」を用いて、歯周ポケットの正確な深さを測定してもらいましょう。

 

では歯周ポケットが深くなってしまったら、どう対処すればいいのでしょうか?
歯周ポケットを浅くするためには、歯周ポケットの汚れを取り除き炎症を抑える必要があります。

 

症状が軽度であれば、正しいブラッシングを行えば、症状は改善します。
症状が重度であれば、歯科医院で麻酔をし、歯周ポケットの歯石をかき出してもらう必要があります。

関連ページ

歯周病の原因とそれを悪化させる習慣とは
歯周病の原因とそれを悪化させる習慣とは
歯周病のセルフケアとお医者さんでの治療
歯周病のセルフケアとお医者さんでの治療