虫歯の原因と治療法

歯と歯茎のトラブルについて

MENU

虫歯の原因と治療法

歯科医院を受診するきっかけになるのが虫歯ではないでしょうか。
何となく歯が痛い、食べ物、飲み物を口にすると歯がしみるといった症状が出てきたとき、
虫歯を疑い歯科院を受診するのです。

 

虫歯ができてしまう原因とは何なのでしょうか。
虫歯の主な原因は雑菌と酸によるものです。
食べ物のカスが歯や歯の隙間に留まっていると、
それを歯に存在する雑菌が消化するのですが、
そのときに歯の主成分であるエナメル質を溶かす酸を発生させてしまいます。

 

これが原因でエナメル質が溶けてしまいます。
この虫歯を放っておくとどんどんその症状が悪化して、
最終的には抜歯等の治療が必要になってきてしまうのです。

 

虫歯治療の主な方法は、
虫歯になっている部分を完全に削り取ってこれ以上虫歯が進行しないようにします。
また治療のために歯を削ってしまった場合は詰め物によって補填します。

 

虫歯は早い段階で治療を受けるのが望ましいのです。
歯は一度削る、なくしてしまうともうそこから新しい歯は生えてきませんので、
できる限り削らない、削っても最小限で済ませるようにすることで
健康な歯を長く保てるようになるからです。

 

しかしながら初期段階の虫歯の場合、
自覚症状がほとんどありませんので虫歯になっていることに気が付きにくいのです。

 

痛みなどの自覚症状がでてきてしまったときは、
既に症状がかなり進行していることがほとんどです。

 

そこで重要なのが歯科医院の定期受診です。
定期的に受診することで、初期段階の虫歯も見つかりやすくなります。

 

C&Cデンタルオフィス

関連ページ

虫歯の度合い
虫歯の度合い
神経の持つ役割とは
神経の持つ役割とは
神経を抜く必要がある症状とは
神経を抜く必要がある症状とは
神経を抜く治療法について
神経を抜く治療法について