歯茎のトラブル・歯茎が下がる原因と予防

歯と歯茎のトラブルについて

MENU

歯茎のトラブル・歯茎が下がる原因と予防

歯茎のトラブルというと、歯茎の腫れや出血に目がいきがちです。
そして発覚が遅れがちですが、歯茎が下がる事も、歯茎のトラブルの1つだと言えます。
では歯茎が下がってしまう原因と、歯茎が下がる事でどのような不都合が生じるのか紹介します。

 

まず歯茎が下がる原因は、いくつかあります。
ブラッシングの方法が間違っていて、歯ブラシが硬すぎる、力が強すぎると歯茎にダメージがかかります。
そしてダメージがかかった結果、歯茎が下がってしまいます。

 

ブラッシング以外では、歯ぎしりや食いしばりをすると、歯を支えている骨にも負荷がかかります。
その結果、歯肉は炎症を起こし、歯茎は下がってしまいます。
同じく歯に負荷がかかるという点では、噛み合わせの問題も無視する事が出来ません。

 

噛み合わせが悪いと、特定の歯にしわ寄せがきて、大きな負荷がかかってしまいます。
歯茎が下がる事で、普段は表面に出ていない歯が表面に出てしまいます。

 

その歯は刺激に敏感なので、知覚過敏になったり、虫歯になりやすかったりするので注意が必要です。
知覚過敏は放置すると、症状が悪化し、痛みが発生してしまいます。
最終的には歯の神経を取る治療が必要になる事があるため、初期の段階で早期治療が望まれます。

 

歯茎を下げないための予防法として、有効的な手段は、夜間にマウスピースを使用する事です。
マウスピースは、歯ぎしりや食いしばりの予防の効果があります。
またマウスピースをする事で、歯や歯周組織を保護する効果もあります。

 

ただし、マウスピースをすると歯の表面に唾液が行き届かないため、虫歯のリスクが高まります。
そのため夜間にマウスピースを付ける前に、磨き残しがないようにしっかりブラッシングを心掛けて下さい。

 

 

関連ページ

歯茎が変色・セルフケア
歯茎が変色・セルフケア
歯茎の変色・プロのケア
歯茎の変色・プロのケア
歯茎のトラブル・出血について
歯茎のトラブル・出血について
根管治療とは
根管治療とは