歯茎の治療

歯と歯茎のトラブルについて

MENU

歯茎の治療記事一覧

あなたの歯茎は、健康的なピンク色をしていますか?もし歯茎が紫色や黒ずんでしまっている場合、いくつかの原因が考えられます。喫煙により、歯茎の血行不良になってしまっているかもしれません。また体内でビタミンCが不足すると、メラニン色素が抑制されないため、歯茎の変色が起こってしまいます。差し歯や被せ物などで、金属を使用している場合は、金属から銀イオンが発生し黒ずみの原因となります。予防するには、治療の際に...

歯茎が変色した場合、セルフケアの方法として歯茎マッサージが効果的だと言われています。ですが歯茎の変色具合が悪化すると、歯茎マッサージだけで、歯茎を健康的なピンク色に戻す事は難しいと言えます。セルフケアで効果がなかった場合に、歯科医院で行っているプロのケア方法を紹介します。まず「ガムピーリング」と呼ばれる方法があります。ガムピーリングとは、歯茎が変色した部分に、フェノール薬液を塗り、消毒用のアルコー...

歯磨きをしていたら出血した、そんな経験をした事がある人も少なくないでしょう。歯茎が健康な状態であれば、歯磨きをしたぐらいで歯茎から出血をする事はありません。つまり出血をするという事は、歯茎でトラブルが発生しているサインだと思って下さい。では、歯茎の出血の原因について紹介します。まず歯茎の出血で1番考えられるのは、歯茎が炎症を起こしているためです。歯と歯茎の間の歯周ポケットに、細菌が入り細菌が活性化...

歯茎のトラブルというと、歯茎の腫れや出血に目がいきがちです。そして発覚が遅れがちですが、歯茎が下がる事も、歯茎のトラブルの1つだと言えます。では歯茎が下がってしまう原因と、歯茎が下がる事でどのような不都合が生じるのか紹介します。まず歯茎が下がる原因は、いくつかあります。ブラッシングの方法が間違っていて、歯ブラシが硬すぎる、力が強すぎると歯茎にダメージがかかります。そしてダメージがかかった結果、歯茎...

虫歯が進行してしまったときは虫歯菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去して、歯の根の病気を治療予防する根管治療を行います。神経を抜く治療を行ってももしもまだ神経や細菌が歯に残ってしまっているとそこからまた虫歯菌が繁殖してしまって、新たな虫歯が発生する危険性が高くなってしまうからです。また虫歯になるだけでなく虫歯菌が顎の骨や歯のその周辺の機能にも悪影響を及ぼす危険性が高いため、根管治療は徹底的...