根管治療とは

歯と歯茎のトラブルについて

MENU

根管治療とは

虫歯が進行してしまったときは虫歯菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去して、
歯の根の病気を治療予防する根管治療を行います。
神経を抜く治療を行ってももしもまだ神経や細菌が歯に残ってしまっているとそこからまた虫歯菌が繁殖してしまって、
新たな虫歯が発生する危険性が高くなってしまうからです。

 

また虫歯になるだけでなく虫歯菌が顎の骨や歯のその周辺の機能にも悪影響を及ぼす危険性が高いため、
根管治療は徹底的に行う必要があるのです。
また菌が残っている状態でかぶせ物や詰め物をしてしまうと、
そこから虫歯が発生してしまって再度治療して詰め物を一から作り直す、
虫歯の進行が酷かった場合は抜歯することにもなります。
しかしながら歯の根の部分は肉眼で確認しにくい場所にありますし、
人によって根の状態も異なります。
そのためきれいにバイキンを取り除くには非常に高い技術が求められる治療法なのです。
後からトラブルが起こらないようにするために根管治療は時間をかけて徹底して行われます。
この根管治療だけで歯医者に2回から3回通うこともありますし
長くかかるときは2か月くらいかかることさえもあるのです。
治療に時間がかかるため、イライラすることもありますが
もしも根の部分に菌が残っていると後にトラブルが起こったときのほうが大変ですから、
根気よく頑張って歯医者に通いましょう
。時間がかかっても根管治療が終了しない時は、
歯が割れていたり歯の形が複雑な形状をしていることなどで治療に時間がかかると考えられます。

 

歯並びが気になる方にお勧めな歯医者さんへのルートはこちらhttp://yui-oc.com/

関連ページ

歯茎が変色・セルフケア
歯茎が変色・セルフケア
歯茎の変色・プロのケア
歯茎の変色・プロのケア
歯茎のトラブル・出血について
歯茎のトラブル・出血について
歯茎のトラブル・歯茎が下がる原因と予防
歯茎のトラブル・歯茎が下がる原因と予防