歯茎のトラブル・出血について

歯と歯茎のトラブルについて

MENU

歯茎のトラブル・出血について

歯磨きをしていたら出血した、そんな経験をした事がある人も少なくないでしょう。
歯茎が健康な状態であれば、歯磨きをしたぐらいで歯茎から出血をする事はありません。
つまり出血をするという事は、歯茎でトラブルが発生しているサインだと思って下さい。

 

では、歯茎の出血の原因について紹介します。
まず歯茎の出血で1番考えられるのは、歯茎が炎症を起こしているためです。
歯と歯茎の間の歯周ポケットに、細菌が入り細菌が活性化する事で、炎症が起こります。

 

炎症は歯肉炎の初期症状なので、歯肉炎から歯周病、歯槽膿漏に症状が進行する前に、食い止める必要があります。

 

歯茎から出血する原因には、ストレスやホルモンバランスの乱れも大きく関与しています。
ストレスやホルモンバランスが乱れると、免疫力が低下してしまいます。
免疫力が低下すると、細菌を抑える事が出来ず、細菌が繁殖し感染症の症状が悪化してしまうからです。

 

また歯茎の出血は、ブラッシングに問題がある可能性もあります。
いくら健康な歯茎であっても、強い力でブラッシングを行えば、歯茎を傷めてしまいます。
しかも傷めるのは歯茎だけでなく、歯の表面にも小さな傷がつき虫歯のリスクが高まるので注意が必要です。

 

歯茎が出血した時に、血が出ているから傷口には触れない方がいいと思う人もいるかもしれません。
しかしブラッシングをしないと、ますます口内で細菌が増え、症状が悪化します。

 

そのため出血をしていても、必ず食事の後はブラッシングを行って下さい。
ただしブラッシングに使用する毛先は、歯茎にダメージが加わらないように柔らかい毛先を選びます。
そしてブラッシングの後に、指の腹を使って、歯茎のマッサージを行う事がお勧めです。

 

最新の設備で人気のノア歯科クリニック中目黒

関連ページ

歯茎が変色・セルフケア
歯茎が変色・セルフケア
歯茎の変色・プロのケア
歯茎の変色・プロのケア
歯茎のトラブル・歯茎が下がる原因と予防
歯茎のトラブル・歯茎が下がる原因と予防
根管治療とは
根管治療とは