虫歯の度合い

歯と歯茎のトラブルについて

MENU

虫歯の度合い

私たちが歯医者に行こうと思うのは、何だか歯がしみる、痛みを感じる、
つまり虫歯の可能性が考えられた時ではないでしょうか。
実際に日本人の多くが主に虫歯治療のために歯科医院を受診しています。
しかしながら痛みやしみるといった自覚症状が出てきている場合、
虫歯はかなり進行した状態だと考えられます。

 

虫歯はその進み具街によって5段階に分けられているのです。
歯の表面はエナメル質でおおわれています。
まず虫歯のもっとも初期段階であるC0の状態では痛みやしみるといった自覚症状はほとんどありません。
C0では歯の表面のエナメル質が白く濁ってきて透明感が失われてくるのです。
この段階ではまだ穴は開いていません。
そしてそれよりも虫歯がすすんだのがC1になります。
この段階になると歯のエナメル質の部分に小さな穴が開くようになります。
そしてC1よりもさらに虫歯が進行するとC2になります。
歯は表面がエナメル質、その奥に象牙、そして歯髄と呼ばれる部分で構成されているのですが、
C2にまで虫歯がすすんでくるとエナメル質の部分だけでなく象牙の部分まで大きな穴が開くようになります。
そしてさらに虫歯がすすむとC3という段階になります。
C3では象牙を通ってさらに歯髄まで虫歯が侵食しています。
歯髄まで到達した虫歯はかなり強い痛みを伴うことがあります。
最も虫歯がすすんだ状態のことをC4といいます。
この場合健康な歯の部分がほとんどなくなります。
虫歯は早く発見したほうが治療も簡単で済みますし、
痛い思いをしなくていいので定期的に歯の健康をチェックしてもらうことをおすすめします。

 

虫歯以外の治療にも特化した歯医者さんはこちらhttp://www.niimura.or.jp/

関連ページ

虫歯の原因と治療法
虫歯の原因と治療法
神経の持つ役割とは
神経の持つ役割とは
神経を抜く必要がある症状とは
神経を抜く必要がある症状とは
神経を抜く治療法について
神経を抜く治療法について